楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

ハンドクリームでUVカット

こんばんはー。

子育てが一段落して、ふと気付けばいたるところがしわっしわでした。手の甲も例外ではありません。

 

子供が生まれる前は、なんとなく潔癖症な性格ゆえに(汚部屋住人に多いと思われる、一般の人に理解を得難い不思議)、汚れ物だけじゃなく洗剤に素手で触るのにもすごく抵抗があり、洗い物をする際には必ず手袋をしていました。

が、赤子の汚物を素手で触るうちに汚いものへの抵抗は薄れ、洗剤を気にしている暇もなくなりました。

そして、ハンドクリームなんて塗ったこともなかったほっそり且つすべすべの可愛らしい手は、節が目立ってしわしわの、旦那に「鶏肉みたい」と言われるまでのおばさんの手になっちゃいました。

 

顔もそうですが、乾燥知らずで肌の丈夫さに自信があったのがアダになっちゃったんですよね。「私は大丈夫」と思い込んで保湿とUVケアを怠っていた数年のうちに、急激に老化が進んでしまいました。

それに気付いた2年前くらいからは、とにかく日焼け止めだけはちゃんと塗るように(と言っても朝1回だけ)しているのですが、手の保湿はまだおろそかでした。

 

そこで、これから特に乾燥する季節だし、手を洗うたびに保湿して、しかも日焼けをしないことが理想だというのなら(しつこいですが、なんとなく潔癖なので一日何度も石鹸で手を洗います)、ハンドクリームをUVカット効果がある物にすりゃあ解決じゃないか!と思った訳ですね。

なんか大変なんですよ。日中ずっと日当たりの良い場所にいるので、手を洗うたび、外に出るたびに日焼け止め塗りたいけど、日焼け止め塗った手の平が気持ち悪くてまた石鹸で手を洗って、甲の日焼け止めまで落ちちゃったみたいで気になってしまうんです。日焼け止めの効果と、手の平のサラサラ感の完璧さを追求したらエンドレスですよ。

 

実は、ハンドクリームが手の平に残ってるのもすごく苦手でこれまで手の保湿が出来てなかったんですが、もう、しわしわが嫌な事には何もかなわないので我慢します。

そこで一体化作戦です。日焼け止めで気持ち悪いよりは気分的に少しましなので、ハンドクリームを日焼け止めにすることにしました。

 

丁度今日、化粧下地を兼用していた安い日焼け止めがなくなったので、この際、顔も首も手も足の甲も全部ハンドクリームでやってやります。結構なミニマム化じゃないでしょうか。しかも保湿出来る。顔に大丈夫なのかどうかは、多分肌には大丈夫、だって肌ですから。心配なのは目ですね。超目を瞑って顔洗います。

使用感は後日書きますね。

 

いつも行くドラッグストアにUVカット効果のあるハンドクリームが1種類しかなかったので、匂いが苦手だったけど買ってしまいました(とにかく日焼け止めは必要なので)。メンソレータムの「薬用ハンドベール 美白UVカットクリーム」です。

メンソレータム。目にしみそうなイメージですね。

 

 UVで検索したら、えらく可愛いハンドクリームがありました。こういうの使うと、塗るたびに楽しい気分になりそうですよね。 

この中の、オフホワイトにパンプス柄のものがSPF15みたいです。

 

あ、そうか。どちらにしても、どんなに大量に塗ってもUV-Aがカット出来ないんでしょうね。PA表示がないし。肌の老化を防ぎたいのだから、UV-Aが防げなくちゃ意味ないですよね。じゃあやっぱり、ハンドクリームは日焼け止め的には補助的な扱いですかね。なんて間抜けな買い物をしてしまったの。結局日焼け止めも買わなくちゃ・・・。

 

ありましたよ・・・。SPF20PA++。調べてから買えば良かったです。

 

今日の長い記事の成果は、「下調べをしないと、不要なものを家に持ち込むことになる」でした。ハンドベールを返品して、PA効果のあるナチュリッスンを買い直そうかな。

 

 

今日捨てた物

・バスマットの下に置いていた100均すのこの折れた部分

旦那が乗って一発で折れて、しかもそのまま使い続けてかびてきたので丸ごと捨てるつもりだったのですが、全部折らなきゃゴミ袋に入らず面倒さに屈してしまいました。 次の燃えるゴミで捨てるぞ!おー。

今後は、床をかびさせないために新しいすのこを買うか、敷居の高い「使うたびに干す」に挑戦するか悩みどころです。とりあえず、買ってしまう前に数日でもやってみようと思います。

 

今日の良い事

・行方不明だったマイクロファイバー敷パッドが見つかって、すごく暖かくなった!

 

 
広告を非表示にする