読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

家族の色を比べてみる、家族と自分の特徴と似合うモノ似合わないモノリスト

似合う服探し

自分はイエローベースだと長年思い込んでいましたが、ちょっと前にブルーベースなんじゃないのかという疑惑が頭をもたげました。(あくまでど素人の感じたことなので、間違いも沢山あると思われます。悪しからず。早く専門家に診断してもらえばいいのにと思われる方は読み飛ばしてくださいね)

 

先日丁度、子2(2番目の子供)がお友達数人とイスに並んで長く座っているのを観察する時間があったので、一生懸命見比べてみたところ。

 

色白鮮やかピンクの子は他の子との色の違いが明らか。

日焼けしている(地黒かも)子達は色の違いが見分けにくい。

唇が明らかに黒っぽい紫の子がいる

 

他の子達はイエローだろうなー、ブルーだろうなと見当がつくのですが、うちの子2はなんだか皆と色が違いました。

肌は黄色いんだけど黄色い他の子と比べると、緑がかっているというか、青ざめているというか。

身体があったまると、白雪姫の役をメイクなしで出来そうな感じでほっぺが真っ赤になりますが、通常時は顔色良くないみたいです。

子1はあったまると薄い青みがかったピンクに染まるのですが、それに比べると濃い赤(黄色みもある気がする)ですね。

 

で、帰宅してから子2を子1と旦那と比べて見ました。

  1. 旦那は一番日焼けしているけど明らかにピンク、唇が黒っぽい紫。
  2. 子1は目立った特徴なし。唇が薄紫。
  3. 子2は肌色がやっぱり緑がかっている。唇は少しオレンジみも感じられる。

感じでした。

 

旦那曰く、私と子2の肌色は良く似ているらしいです(子2の方が日焼けしているけど)。まああまり信用できる意見ではありませんが、自分自身もそう思いました。赤ら顔で悩んでいたのに通常時の顔色が悪い。

 

 家族と自分を比べたところでイエローベースか、ブルーベースかがはっきりする訳ではありませんが、人を観察して違いを見つけるのも面白いです。

 

親子でも似ている様で微妙に違う肌色。(親同士は他人なので当たり前でしょうね。)

これまで自分のことばかり気にしていましたが、家族も似合う服を着て格好良く可愛くしている方が、常に家族を見ている私も楽しくなるはずですよね。

いい機会なので、私が見て常々感じている家族が似合う色似合わない色を書いておこうと思います。

それと、似合う服の形や素材、テイストを外見内面複合的な視点から分類する「パーソナルデザイン」の記事はまだ書いていませんでしたが、色だけではなく似合うデザインも知りたいと思っているので、身体的な特徴、似合うと感じるデザインも合わせて書いておこうと思います。(興味があるので色がすごく気になってしまいますが、お洒落な人になるには色よりも形や素材を知る方が早道なんじゃないかと近頃思います)

これから家族に似合う服を選ぶ(失敗を避ける)助けになるといいなと思います。

 

1.旦那

  【身体的特徴】

   身体は厚く、重心が高い

   筋肉も贅肉もあるタイプ

   しもぶくれで頬は肉付きが良いけど、目、鼻、口は小さくてシャープ

  【肌の色】

   赤めのピンクが多い

   日焼けしているけど地は色白

   唇がどす黒い紫

  【似合う色、似合わない色】  

   黒や白でシャープに見える

   黒や紺や白でシャープに落ち着く

   鮮やかな赤や青もスポーティな形だと良く似合う(キャップも)

   スリムな形だと似合うダウンも、登山用みたいな丸く膨れるモノは似合わない。

   茶色やくすんだ黄色で激しくもっさりする

   ベージュでお相撲さんになる

   タンクトップは裸の大将になる

   ピンク、黄色などの淡い色合いのYシャツで太っていやらしく見える

   水色のYシャツは大丈夫だけど、黄味を感じない青っぽい水色のシャツの方がシャープに見える

  【似合うデザイン、似合わないデザイン】

   スーツが似合う

   キャップが似合う

   ハットは物凄く似合わない(しもぶくれのせいか)

   野球のユニフォームもしっくりくる

   ドルマンスリーブが気持ち悪くなる

   薄地のカットソー、Tシャツが気持ち悪くなる

   ナチュラルなボーダーが似合わない

似合うモノ、似合わないモノがはっきりしていますが、人の評価を気にしないので自分が好きなモノは着たがります。だからこそワードローブに似合わないモノが多くて似合わないモノが分かりやすいのかもしれませんね。

格好良く見えないモノは着て欲しくないので購入には強く反対していますが、何でも気分よく着られてある意味羨ましいです。理想かもしれません。

   

・子1 

  【身体的特徴】

   痩せている

   胸板が薄い

   足首は細くない

   背に対して足のサイズが大き目

   しもぶくれぎみ

   目、鼻は普通の大きさ、口は小さい

   頭、顔が小さい

  【肌の色】

   特に黄色くも赤くもなく、子2程ではないけど若干緑がかっている(青みかがっている)気もする

   唇は薄紫

  【似合う色、似合わない色】

   ピンクは可愛い

   淡い青も可愛い

   薄紫も可愛い

   淡い色同士の組み合わせも可愛い

   茶色はいまいち可愛くならない

   黒は変じゃないけど大人しい感じになる

   黒と濃いピンクの組み合わせはビミョー

  【似合うデザイン、似合わないデザイン】

   素朴な素材のナチュラル系より、ヒラヒラふわふわした淡いお姫様系が可愛い

   スポーティな感じの服は違和感がある

   スニーカーよりパンプスや先のとがったブーツが可愛い

自分の子供なので、いまいち似合わない服でも人の子より可愛く見えている可能性はあると思います。でも、これよりこれが似合うという比較は本人の中でのものなので役に立つと思います。

 

・子2

  【身体的特徴】

   痩せている

   胸板が厚め

   目、口が大きい

   睫毛が濃くて長い

  【肌の色】

   黄色いけど緑がかっている(青みがかっている)

   あったまると頬は濃いピンク(オレンジもある)

   唇はオレンジっぽい濃い赤

  【似合う色、似合わない色】

   茶色、からし色でもっさりする

   はっきりした赤と濃い紺の組み合わせは似合う 

  【似合うデザイン、似合わないデザイン】

    ナチュラル系よりスポーティなものが似合う

   シャツは似合わない

シャツが似合わないのは子供特有な頭でかっちのせいかもしれないし、まだよくわかりません。

 

・自分

  【身体的特徴】

   頭、顔が小さい

   背が低い、やせ気味

   胸板が薄い

   お尻、太腿は厚め

   太腿、足が上半身に比べ太い

   足首の骨が太い

   身長に対して足のサイズが大きい

   手足が短い

   首が長い

   目、口が大きい

   団子鼻、たれ目   

  【肌の色】

   黄色いけど緑がかっている(青みがかっている)

   まぶたが赤い

   唇はグレイッシュな薄紫

  【似合う色、似合わない色】

   黒が似合わないと長年思っていたけど、どうやら形によるらしい

   くすんだラベンダー色はよく似合う気がする

   オレンジベージュの口紅が異様に顔から浮く

   濃いオレンジみの赤は唇おばけみたいになる

   ど派手な濃い赤紫ピンクが肌になじむ

   若い頃愛用していた口紅は唇の色と似た彩度の低い紫っぽいベージュ

  【似合うデザイン、似合わないデザイン】

   スーツが似合わない(旦那も言)

   直線的な襟のシャツ、ジャケットが似合わない

   ポロシャツは似合う(旦那いわく)

   ノーカラーは大丈夫(茶色のノーカラーで凄く変でした)

   スタンドカラーは大丈夫

   ふわふわ明るめウェーブヘアでださくなる

   ふわふわ黒ウェーブヘアで地味にださくなる

   髪は下ろすよりまとめた方が似合う

   ほつれ毛は疲れて老けて見える

   ショートヘアは似合うと言われる(直毛だと変な気がする)

   スカートが足だけ小学生みたいになる(マキシ、ミニ丈以外)

    スニーカーが似合わない

   繊細なレースや、シャープなフリルが似合う(バテレンレースなどナチュラルなものはださくなる)

   トップスは固い生地より薄く柔らかな生地が似合う

   ボトムスはからだにフィットしない張りのある素材か、柔らかくてもテロテロした生地が似合う。

   スキニーは薄手の生地だとムチムチいやらしくなる。

自分に関しては主観的なので正しいかどうかわかりません。 

が、例え似合うか似合わないかより好みの印象が強いにしても、好きな服を着ていることも楽しく暮らすためには重要なことなので、自分の感じ方が人とは違っても問題ないですよね。人の意見より、自分が似合っていると思えることが大切。人の目が気になる私は心しておきたいです。そうすれば、自信をもって着られる好きな服ばかりの衣裳部屋も夢ではありません。

 

今後感じ方が変わって来る可能性も大きいので、後日思い込みや間違いに気付いたり、新しい発見をした場合はドンドン書き加えていこうと思います。これからどう変化していくのか楽しみです。

 

 赤:2/4追記