楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

捨てることが快感になってしまった時に読む。捨て過ぎに注意

 

↓断捨離中の人はやる気をそがれるかも知れませんのでご注意ください。
捨てて後悔しているものランキング | フルーツメール

 

私の場合、楽しくなりたい→片付けると良いことがあるらしい→モノが多すぎるから処分しなくちゃ片付かない、という流れで不要品処分を始めたので、一番望んでいることは「モノを少なくすること」ではなく「楽しくなること」だと思い出しました。処分したことを後悔して楽しく無くなってしまっては本末転倒ですよね。

 

断捨離本、片付け本では迷うモノは捨ててしまっても後悔することは少ないと書いてある場合も多いですが、やはり実際に捨ててから後悔する人も多いようです。モノで溢れていたスペースがスカスカになっていく様は本当にスッキリしますが、そのスッキリ感が一時的なモノであって後に後悔の念にすり替わってしまっては意味がないと思うので、無闇に捨てず本当に要らないモノを厳選して処分しようと思います。

 

今はもっぱら衣裳部屋の断捨離をしているのですが、洋服にも言えることですよね。私の場合、捨てた洋服について酷く後悔することはないと思うのですが、減らし過ぎた場合に新しい服が欲しくなってしまって使ってしまうだろうお金を、子供のために使いたかったと後悔することになりかねません。

衣裳部屋内に収まっている限りは慌てて大量に減らす必要もなく、ゆっくり、じっくり考えて要らないモノを除いていっても何も悪いことはないなと思いました。かといって着られるからと言って残した服を着ないのでは汚衣裳部屋のままですので、着ないと思える服は引き続き処分を続け、着られそうだと思うモノに関してはすぐに実際に着て外出してみて使い心地を積極的に確かめていこうと思います。

自分に似合うか似合わないかも、着心地が良いか悪いかも、実際着て外に出て過ごしてみないと分からないなと実感しているこの頃です。狭い衣裳部屋の中で鏡の前に立って着てみても分からないことはあります。着てみもせずに、服を眺めて考え込むだけでは尚更分かりませんね。捨てるかどうか悩む時間を、明日着て外出する際のコーディネートを考える時間にした方が有意義だと思いました。悩む時間を断捨離したことにもなりますよね。

 

汚衣裳部屋片付けの目標は、今有る服の中で自分に似合う、使える服を間違いなく残して、なるべく買い足さずに、楽にコーディネートを楽しめる満足できる衣裳部屋にすることです。そのためにはやはり所有している服を全て簡単に把握できる状態にはしていなければいけませんよね。断捨離は大事ですね。

 

上サイトに「勝手に捨てられたモノが一番辛い」という意見もあったので、子供のモノを捨てる時は凄く気を付けようと思います。かと言って、捨てていいかどうかを確認すると絶対にダメと言うのが辛い所です。

 

断捨離するにあたって捨て過ぎには注意したいという決意表明でした。洋服より何より注意が必要なのは、お金で取り戻せないモノです。気を付けよう。

(「捨て過ぎ注意」は決して「捨てない」ということではないです。今後も不要なモノ処分は頑張ります!)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 

 

広告を非表示にする