読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

片付けしたことに気付いた旦那

 

こんばんは。またリビングの床にモノが散乱し放置され気味だったので、集めて取り敢えずソファの上に並べていたところ、帰宅した旦那に「お!片付いてる!かなり頑張って片付けたんじゃない?」と言われました。

君の目の前のソファにめちゃくちゃいっぱいモノのってるけどね。と思いながら沈黙を貫きましたが、旦那的には床にモノがなければ劇的に片付いて見えるのか、あるいは、昨日ついに、デジカメ内の片づけビフォーアフター画像が見つかってしまったからか。どちらなんでしょうね。

 

どちらにしても、こちらから何も言わず、細かい片付けを頑張ったことに気付いてくれる旦那ではありません。(旦那が信じられない程、私がすごくちょっとずつしか片付けられないせいもありますが)

他人に片付けについて触れられるとやる気がなくなることも多いので(「片付けて」はもちろん、「頑張ったね」等も含む)旦那に褒めて欲しい気持ちは特にありませんが、片付けが苦手なりに片付けようとしていることは分かってくれていると嬉しい、と思ってます。

家族が寛いでいる時間には自分も自分の好きな事をしていたくなるけど、それじゃあ多分、うちの旦那には一日中好きな事をしている嫁だと思われていそう。洗濯や掃除(は毎日じゃないけど)や洗い物や買い出しや子供の世話や学校行事やPTAの仕事など、旦那の目に見えていないことは無かったことにされている気がしてなりません。なんだかそれも勿体ないので、やっぱり旦那が家にいる時は、これ見よがしに家事に勤しんだ方が良さそうだなと思いました。

「俺がいないときはグータラしてるくせに」と感じる旦那様がたも多いと思いますが、うちのは「いつも後回しなのに今日頑張ってるなー。一緒にテレビ見れば良いのに」みたいなほのぼのした感じなので(その代りいつもやってるということには気付かないけど)そのくらいで丁度良いと思った次第。家族の目に見えるところで頑張っていれば、きっと事実頑張る嫁になれる日も近い。

 

 

広告を非表示にする