楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

来年の冬モノを買う際に気を付けること

 

読ませて貰っているブログで冬の服を振り返られている記事があり、忘れっぽい私こそ書いておかなきゃと思いました。来年の買い物で今年と同じ失敗をしない様に書いておきたいと思います。

「この記事を買い物前に読む」ことを思い出せるかどうかがかなり怪しいですが。私の脳の機能上、書かないよりは頭に入るはずなので、やっぱり書きます。

 

 

・チェック柄で曲線的なシルエットの太腿丈中綿入りコートは、柄で上半身の面積がやけに大きくみえ、シルエットで着膨れ、総じてものすごスタイルが悪く見える。コートはミニマムですっとした形のモノが良さそう。柄モノはなし。

・暗い色は顔色が冴えない、けど、アウターが明るい色だと外で寒い。暗い色のトップスは顔周りに白いシャツなどを挟むとましになるみたいなので、白い(または明るい色の)ストールが欲しい。

・コートもトップスもパンツも、暖かいモノから順に着用頻度が高い。おしゃれでも気に入っていても、暖かくないと普段ほとんど着ないかも。暖かさと見た目両方納得できるモノだけにした方が良い。

・冬は分厚いタイツを使っても足が寒いためスカートを履く気にならない。ロングブーツかロングスカートを検討して、似合うモノがなければ、スカートを冬用のコーディネートに加える(考える)ことをやめる。

・インナーの長そでを3枚は必ず着ているので、リブニットはとても太って見える。ウエストまわりでインナーがもたつくので、冬用ニットはからだに沿わないモノに限る。

・七分袖の服は重ね着のインナーに向かないので、通年で着たければ購入を避ける。

タートルネックは、硬い襟足の髪が服を押して襟が折れるのが気になりすぎるので買わない。オフタートルだったら大丈夫かも知れないけど、髪が襟に乗るのも気になるので必ず試着時に確かめる。(髪を長く伸ばして結べるようになっていれば、もしかすると着られるかも)

・丈の短いニットを着る時に、腰周りに見せるインナーなしでは着られないのが面倒なので、今後買うボトムスは股上が深めのモノにする。股上が浅いボトムスは多分一年中面倒。夏も腹が出る。

・中に厚手レギンスや厚手タイツを履きたくなる薄さのボトムスは、足がパンパンにならない様ゆったりシルエットのモノの方がスタイル良く見える。

・ついつい履いてしまう裏フリーススリムパンツは当然足が太くなっているので、上半身に沿うトップスと合わせるとスタイルがより悪く見える。身体に沿わないニットとだと普通。

・ニットは胸のトップの位置が低いともっさり太って見える気がする。夏にも使えるチラ見えしても下着感のないずれないブラジャーか、トップ位置をあげられるブラトップをそろえておく。

・冬のインナーレギンス、ブラジャーは、汗もかかないので数は極小で良い。

・白のニットに透けるので、白の裏起毛ババシャツがもう少し欲しい。一枚で済むババシャツがあるならそれに越したことは無い。(最近のヒートテックがもしかして使えるかもしれないので、母に借りてみること)

・結局ダウンの着用率が一番高く、中の服は全く見えない状態で外出が終わることがほとんどなので、今後ダウンを買う時には絶対にベーシックカラーにする。ベーシックなモノを手に入れるまでは、形は気に入ってるけど毛が飛び出して来るのが嫌な黒ダウンを取って置くこと(残り2枚が非常に派手なので)。

・ダウンの数が増えなければ、冬のコーディネートはボトムスと小物で幅を出すしかないので、毎日同じにならない様、小物やボトムスを新調する際には手持ちのダウンの色と今後欲しいダウンの色に合わせられる色だけにする。高価だし、中々手頃な価格で欲しい物に出会えないので、ダウンは機会があればとにかく沢山試着する。でもその場で買わない。

・ダウンベストは体幹部分と腕部分の寒さが違うのが苦手なので殆ど着ない。たとえ流行ってももう買わないこと。

・秋口と春先、1人だけダウンを着ている変な人になるので、明るい色の実は暖かい薄手のコートがあると良い。

・茶色の服や小物がないせいか、茶色のブーツはお洒落に使えない。茶色は黒に比べて色に幅があるせいかセンス良く合わせる方法が分からないので、ブーツを使うために新しく茶色のモノを買うのは止める。履き心地は良いけど、どちらかというとブーツの処分を考える。

・黒は全身真っ黒になってしまうので、トップス、パンツ、アウター、靴・バッグなど、黒いモノを買うなら(残すなら)素材をバラバラにしておくと合わせやすいかも。

・そもそも、黒がやっぱり強すぎる気がするので、紺かグレーをベースカラーに考える。紺もグレーも暗い色はいまいちみたいなので、青い紺か、薄い黄色くないグレーが良さそう。でも、アウターやボトムスが薄い色だと寒いので、結局着ない事態に陥らない様、どこを妥協するか決めてから買い物する。

・薄いグレーの流行りの裏起毛スウェットパンツは寝間着にしかみえず似合わなかった。多分色より素材がだめ。

・綿のカジュアルシャツは、一枚できるよりニットのインナーにした方がマシだったけど、やっぱり似合わない。多分綿100%がダメ。

・カットソーも綿100%のモノは部屋着にしか見えない。

・靴下が足りない。低身長は視線を集めるポイントは上の方がいいらしいので、靴下は靴やベルトはボトムスに馴染む色にする。

・トップス白、ボトムス黒の組み合わせはいまいち似合わなかったので、来年の裏起毛パンツはグレーにした方が良い。

・ボトムスがどうしても分厚くなるので、ブーツインは大変。ショートブーツにする。

 ・厚手のデニムは重たいので、ウエストサイズが大きいとベルトで押さえてもずれて不快。他のボトムスもサイズはぴったりに越したことはないけど、太腿の太さのせいでなかなか合うモノがないので、とにかく厚手のモノはウエストにジャストサイズで買う。なければ買わない。

・重たい服が苦手な上に、厚くてもデニムは暖かくないので、デニム買うなら薄手にして春秋夏(真夏以外)の3シーズンで考えた方が良い。中途半端な厚さのモノは履く機会がとても少なくなる。

・アウターもボトムスも靴も、重いモノは使用頻度が低い。通年で買わない方が良い。

・ジャケットも靴も、本革は天気が気になって気軽に使えないので、今後はなるべく購入を控える。カビの心配もしたくない。

・冬の雨はやっぱりレインブーツが欲しい。今のコッペパンみたいな形の好きじゃない雨用ブーツを買い替えたい。長い方が良いけど、置き場所がないのでショートブーツにすること。

・冬素材のモノは通年使えないのであまり増やさない。靴は雨や汚れも気にならないエナメルが便利。

・子供の「似合う」を信じない。似合うと思ってもその場で購入せず、一度家に帰って考える。買い物にはカメラ。

 

 

まとめ。寒がりで冷え性で、寒いと本当に何もかもが楽しくなくなります。小さい子の育児中は冬でも外に長時間いる機会が多く、見た目はある程度妥協し暖かさ重視で買い物してきましたが、暖かいのは楽しいんだけど、やっぱり見た目も満足できるモノを着ていないとこれまた楽しくないんですよね。両方兼ね揃えたモノを探すのはむずかしいけど、楽しく笑って過ごせるようなワードローブをそろえて行きたいです。おわり(使い捨てが苦手で常用することが頭になかったけど、カイロの使用を考えると良いですね)

 

今日のいいこと

・紙ゴミの日を忘れていてギリギリに思い出したけど、収拾に間に合ってよかった!子供部屋と子供の本の片付けで大量に出ていた紙ゴミがスッキリた!

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 

服の数を抑えて小物を増やしたいので、好みだけでアクセサリー集めてみました。

可愛い。キラッキラのモノにしか惹かれないと良く分かりました。キラキラアクセサリーを普段着と合わせてお洒落に使える様になりたいです。

 お洒落な人が付けているイメージの皮のブレスレットなどには全く惹かれませんが、

これなら好きかな。

 

ついでに時期的におかしいですが最近のカイロ事情を調べてみました

 エコカイロ、チンするタイプや充電式など、デザインも色々ありますね。ただ、背中やお腹に貼り付けられないので大して暖かく感じないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

塗るタイプもあるんですね。邪魔にならないしゴミも出ないし、これは良さそう。

 こちらはスプレー

 

サイクル用ウインドブレーカー。自転車で寒くないなら外遊びも余裕のはず。カイロ入れるポケットもあるらしい。探せば長袖インナーもありそうな気がします。これをインナーに着てたらダウン要らないかも。

 ただ、トイレをどうするのかは分かりません。

広告を非表示にする