読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

汚衣裳部屋の片付け 11.アウターの仕分けとワードローブの色を考える

今回はハンガーにかけてあるアウターの仕分けです。衣裳部屋だけで数えると11日目の片付け作業になります。

こんまり流片付けだと、片付け祭りは最長半年で終えることをすすめられていますが、半年と言うことは約180日。180日あれば家中の仕分けはおわるでしょうか。あ、仕分けだけではなくて、残す全てのモノの定位置を決めなければいけないのでした。

少しずつ片付けても一生片付かない。片付けは短期間で完璧にやり終えてこそ、長年しみついた意識を劇的に変えられ、リバウンドや苦労なく綺麗な部屋を維持できるようになる。という考えにはすごく期待が持てるので、なるべくこんまり流片付けにのっとってやっていきたいなと最近思っています。(とはいえ、ときめきだけで処分できていませんが)

 

現在のアウター

f:id:yuruteke:20150419144855j:plain

ハンガーラックに掛かっています。ぎゅうぎゅうで掛けるのが大変なので(そしてハンガーにかけるひと手間ができないので)、普段着たモノはラックの端に引っ掛けるか玄関のハンガーポールに積む様にかけています。集めてきました。

 

処分するモノ

f:id:yuruteke:20150419145201j:plain

左から処分理由

ポンチョ(チャコールグレーがダメなのかポンチョがダメなのか似合わず数年着ていない)

赤ダッフル(肩が大きい、派手すぎて恥ずかしく一度しか着ていない)

黒ジャケット(好みじゃないし表地がくたびれているので着ていて恥ずかしい)

チェックコート(着膨れするし似合わないし、派手で着ていて恥ずかしいので着ない)

 

残したモノ

f:id:yuruteke:20150419145627j:plain

1デニム厚手シャツ(肩が大きいので腰巻にしか使っていないけどデニムシャツこれしか持っていない)

2革黒ジャケット(天候が気になり中々使えない、ちょっときついけどデザインは好き)

3デニムジャケット(ちょっと形が気になるけど薄手ジャケットが他になく良く着る)

4中フリーズ紺ジャケット(重いのが気になるけど暖かいしデザインは好き)

5ベージュダウンベスト(あまり着ないけど形や着心地は良いしべストがこれしかない)

6青ダウン(派手なのが気になるけど一番暖かいのでかなり着る)

7グレーダウン(派手なのが気になるけど軽くて暖かいので良く着る)

8紺ウインドブレーカー(バッグに入れておく防寒用)

9紺ボアジャケット(肩が大きいけどちょっときちんとした格好が必要な寒い時用に)

ここにないけど思い出した

10きちんとした時用ジャケット(要る)

4着処分して丁度10着になりました。今回も純粋にときめくかと問われればうーん、と唸るレベルのモノが多く残っていますが、まあ着ているモノばかりだし、気に入ったモノに出会えるまで焦らなくて済むかと思います。アウターは新しく購入するのにもお金がかかるので、無駄遣いも避けられるでしょう。

新しく購入する際には慎重に選んで、一着買うならどれを処分するか予め覚悟を決めてからにしようと思います。(かさ張るチェックコートを今年衝動買いして後悔したので、数回しか着ていなくてもったいないけど肝に銘じて処分しました)

10着以上には増やさないと決めると簡単で憶えやすそうです。あ、あと黒ダウン1枚と今着ている薄手コート1枚あるのを思い出しました。現在所有枚数は12ですね。10枚に減らせるかな。

 

今回まで長袖トップス、ボトムスと仕分けしてきましたが、写真で見て改めて思うのは、私のワードローブは青黒い。と言うことですね。若いころは派手好きで、一点で完結するようなデザインのモノで溢れていたのですが、結婚出産し自分のモノばかりにお金を使えなくなってから買い足した服の傾向がこんな感じだったようです。無難だと思って黒が増え、似合うと思って青が何となく増えていたのだと思いますが、何を着ても毎日同じ色味と言うことになっていそうなので今後買い物する際にはその辺も気を付けようと思います。青に合う青じゃない色を足して行くと良いのかもしれません。

それか、もういっそ紺から白のグラデーションで揃えてしまうか。明るい色の方が肌色には合っていそうなのに、最近淡い色の服が少ないと分かったので、白~ライトブルーらへんを増やすと良いのかな。

似合うと感じるモノが多いグレイッシュな明るい色味を増やして、グレーを増やしていくのもよさそうです。

 

暗いグレーや黄色いベージュが似合わないのは分かっているのですが、ベージュ系とグレー系のどちらが自分に合うのかいまいち分からないので、その辺を確認してからベースにするカラーを決めて買い物したほうが、ワードローブのミニマム化の実現は近いのだと思います。(黒もドレッシーな素材だといけそうなので捨てがたいがカジュアル素材は無理そう)

が、やはり実際に何度も袖を通してみなければ自分に似合うモノはわからないとも思うので(最近試着にも限界がありそうだと感じてます)、似合うものが分かるまでは多少の失敗は仕方ないなと覚悟しました。

とにかく新しいものを買うときは妥協せず、多少似合っていないと後から気づいたとしても、ときめいて着られるレベルの服を買うに限りますね。試着でわかるほど明らかに似合わない服は、いくら好みでも着ていてときめくはずもないですから、試着なしでの見た目のときめきだけ購入はやはり厳禁ですが。

とか言いながら、もう似合う色なんて気にせずに、いっそ全身白にすればいいじゃん!(手持ちの服の中で白が一番しっくりくる)と思う自分もいます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 ワードローブ編

 大人女子って言葉は苦手ですが、そんなに子供っぽくも甘くもなさそうです

 おしゃれさんが気になる

 大人なコーデが良いですね。

 この番組好きでした。皆大人の素敵な女性に変身しますよね。