読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

汚衣裳部屋の片付け17.床のダンボール箱とカゴの整理

片付け

 

このブログで衣裳部屋の片付けを始めて以来、多分ずっとそこにあったのに、面倒で中身を整理できていなかったダンボール箱を片付けようと思いました。

おそらく、定位置がなくどこに片付ければ良いのか分からないモノの集合体だと思います。

目的のモノは左下のミッキーが入っているダンボールですが、ついでに周辺のごちゃごちゃも整理することにしました。

f:id:yuruteke:20150804230654j:plain

分けます。(上下ひっくり返っちゃってます)

f:id:yuruteke:20150804230839j:plain

ビニール袋大と紙袋はリサイクルショップ行きの子供&大人服だったのでまとめました(冬物なので現在受け付けてもらえず待機中)。

 

今日のメインだったダンボールの中身は、

・処分できる紙類

・処分して良いと思うけど旦那のなので残す紙類

・服を買って来た時のビニール袋

・買ったままの毛糸セット

・棚から落ちたと思われるババシャツ

・車の日よけカーテン

アウトドアグッズ

・三脚

などでした。

こんな感じで、

f:id:yuruteke:20150804231543j:plain

ゴミ袋に入れられるモノは入れ、ダンボールはつぶし、リサイクルショップ行きはまとめ、左下の白いカゴの中身はダンボールの中身より面倒そうだったので保留し、他の場所に定位置があるモノは戻しました。

これだけになりました。

f:id:yuruteke:20150804231816j:plain

紙袋の下から出てきたクリアファイル(とその中の捨てきれない書類)を、保留したカゴに突き刺し終了。(下はリサイクルショップ行き)

 

したんですが、やっと潰せたダンボールと同様、片付け当初からずーーっと保留している面倒な郵便物の塊in白いカゴ(玄関を急きょ片付けた際に衣裳部屋に入れたと記憶)。

旦那が珍しく早めに帰って来て子供達の相手をしていたので、本当に気が進まなかったけど、カゴの中身を出してみました。

f:id:yuruteke:20150804232543j:plain

触りもせず恐らく1年以上衣裳部屋の床に放置され続けていたのできっと全捨てで問題ないはずなのですが、やはり捨てきれない郵便物が左上。

だけど、捨てきれない郵便物が山ほど入っていると思って長らく片付ける気になれなかったのに、意外にもその他のモノがほとんどでした。さっさと片付けてスッキリしたらよかった。

 

つかないライター、水道料金のお知らせ、かびた小物、溶けたアメ、などなど左下がゴミ。

右下の、裁縫用のゴムや洗濯ばさみ、ペン、ライター、祝儀袋など、定位置が他にあるモノは戻しました。

 

結果残ったのは

f:id:yuruteke:20150804233549j:plain

定位置のない捨てられない書類と光る腕輪だけに。スッキリ!

 

この白いカゴはずっと衣裳部屋入り口の床にあり、毎日毎日視界に入り込み「片付けなきゃ、いい加減片付けなきゃ」とかなりのストレスだったので、今後衣裳部屋に入る時のスッキリ感がとても楽しみです。

引きで見ても、

ビフォー

f:id:yuruteke:20150804230654j:plain

アフター

f:id:yuruteke:20150804234023j:plain

かなりスッキリしました。

 

こうやって、段々と服が減り、棚の前のモノもなくなって行くと、今まで無意識に後回しにし全く見えていなかった部分が見えてきますね。

棚の下のダンボールには何が入っているんだろう。今まで気にならなかったことが我ながら不思議です。

 

衣裳部屋片付けを再開し、予想以上に調子よく通路が開け歩きやすく快適になっていますが、なんと部屋の奥は

f:id:yuruteke:20150804234759j:plain

こんな感じです。(都合上窓部分を隠してますがモノはないです)

ダンボールタワー。2箱はリサイクルショップ行き待機中冬物衣料のはずですが、出しそびれている不燃ごみや、ダンボール投げ込み収納の旦那スポーツウェア、準備途中で投げ出されている非常用持ち出し袋、その他色々、やることは山積みなのです。

 

取り敢えず今から、ハンガーラックと壁の間にたまっている潰したダンボールを縛って置こうと思います。

リサイクルショップまで運ぶ必要のある処分品が溜まるのはまあ仕方ないとしても、すぐそこまで回収に来てくれるゴミに関しては出し忘れや面倒くさがることなくどんどん家から出して行きたいです。

その為には前日準備が肝心。今日可燃ごみが回収に間に合わず玄関に鎮座してます。夏場の可燃ごみ出し損ねは物凄くショックですね、ゴミ集めは前日に済ます

 

今日の良いこと

・旦那の悪ふざけに子供達が吐きそうなくらい爆笑していて楽しそうで良かった!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 最近記録する時間がありませんでしたが、本は読んでます。子育てに関する本で良かったモノを覚えている限り。

どの本も、ちゃんとさせようと叱らなくても子供は育つんだ。出来なくてもしなくても、叱らず母親が機嫌よくしてる方が子供はのびのび強く育つんだと思わせてくれます。結果お互い楽しいですよね。

叱りすぎて子供を自己肯定感の低い子にしてしまうんじゃないかと日々不安な子育てですが(でも叱ってしまう)、子供の将来に責任を感じるからこそ、子供に幸せになって欲しいからこそ「ちゃんとして!」と思っちゃうんですよね。

今ちゃんとしてなくてもできなくても、生きてくれてるだけで嬉しいと認めてあげれば将来自分で生きて行ける子にちゃんと育つ。といった感じの本です。気が楽になりました。

惜しむらくは、もうちょっと早いうちにこんな感じの本を読めば良かったなと。すでにうちの子だいぶ叱られ過ぎている様な気が。ごめんね。

 

男子の謎ですが、うちの女子用に役立ちました。男子なの?あなた男子なの?この本は自己肯定感うんぬんより、小学生男子はこんなもん!という軽い感じです。楽しく読めます。

 家にある間、子供からタイトル必死で隠しました。タイトルを読めない年齢の(ショックを受けない)幼児用と思われますが、もうちょっと年上の高機能の子達のお母さんも読みたいだろうしタイトルは子供に配慮して欲しい感じ。

 叱り方もあるのが良いですね。全く叱らないのはどう考えても無理ですから。

 

これは未読ですが、無邪気に小さくても難しいのに、ひねくれはじめる思春期用に予習しておいても良いかもと思います。

 

 本の知識で子育てなんて、と思っていた時期もちょっとありましたが、核家族でママ友づきあいも面倒、色々教えてくれる人も周りに殆どいないので、読んだ方が良い。専門家の書いた本色々。

広告を非表示にする