読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

汚衣裳部屋の片付け18.不明ダンボールの中身確認と、最近処分したモノ

片付け

 

今日もリサイクルショップに行ってきました。

今回重い腰を上げて運んだのは、

f:id:yuruteke:20150807224720j:plain

自分の服1袋と、子供服2袋と、その他雑貨です。

子供服は前回ベビーバス入りで持って行ったけど店が潰れていて、持ち帰った分でした。また持ち帰ることになると面倒なので、ベビーバスは今日持ち込む店で買い取ってもらえるかを確認してから後日持って行くことに。

 

処分を決めてから長らくうちに放置してしまっていたモノがなくなりスッキリしました。といきたいところですが、なんと今日の店も子供用品の買取を最近やめたということで、子供服丸々2袋持ち帰り。処分を決めたモノを溜め込まず、どんどん家から出して行こうと決意したのに、2度も失敗し残念です。ベビーバス持って行かなくて良かった。

 

片付け作業の中で、処分品をリサイクルショップに運ぶ工程が一番億劫です。じゃあゴミ袋に入れちゃえ、と簡単にはいかないのが捨てられない人間ですね。ただ面倒なのと、惜しいのと、本当に後悔しないのかという不安と、まだ使えるのに勿体ないという気持ちと、色々入り混じってかなりのストレスなんじゃないかと思います。

懲りずに別のリサイクルショップに持ち込めるよう、残った2袋は車に乗せっぱなしです。

 

 子供服の処分は上手く行きませんでしたが、衣裳部屋片付けの続きです。

前回ようやく気になったここのダンボール箱。手前がスッキリしたので中身を確認してみました。

f:id:yuruteke:20150807225246j:plain

 引っ越してきて以来ずーっとここにあったはずですが、やっぱり汚部屋はモノが目に馴染んで見えなくなっちゃいますね。下のダンボールは何が入っているのかも思い出せません。

 

上の箱に入っているのは置き場のない立派なアクセサリーケースです。頂き物ですが確実に置き場がなく、アクセサリーも滅多に使わないので引っ越し後そのままここで箱に入ってました。

私には要らないのじゃないかとも思いますが、少数精鋭の衣裳部屋を手に入れたあかつきには、アクセサリーも効果的に使えるようになりたいと思っていたはず。そう言えば服を減らしてもおしゃれを楽しむため、シンプルファッションにアクセサリーや小物で変化をつけたいと思っていました。(忘れてました)

と言う訳で、ケースはひとまず残しておくけど、現時点では入れるものも置き場もないので箱に戻しました。(結局大げさなケースがいるほどの数にはならない予感。その時に行先を考えます)

 

戻す前に、ケースの中に、引っ越し前に入れたずっと使っていないピアスなどがあったので思い切って全部処分しました。10組くらいあったかも。

若い頃は大好きで毎日つけていたピアスですが、アレルギー体質でどうしても膿んでしまうので何度も穴を開け直した後に諦めました。今は穴の跡ばかりで、完全に埋まってしまってます。

ピアスに比べるとイヤリング(クリップ)タイプは手頃な可愛いモノが探しにくいので未練が有ったのですが、最近はもうネイル用のキラキラシールでも耳たぶに貼っとけばいいかというような気分なのでこのさい完全に諦めようと思います。今思えばピアスの見た目は好きだけど、何かに引っ掛けた時耳たぶが裂けるんじゃないかという恐怖感がつきまとい何となく四六時中ストレスを感じていた気もします。今そのストレスを感じていないのは凄く気持ちの良いことなのかも。もういいや、さらば大好きだったピアス。

 

次は中身が何なのか分からない下のダンボールですが、開けて見たところ引っ越し前(転勤前)の旦那の仕事の資料がぎっしりでした。要らんだろ?何年も開けてないだろ要らんだろ?と思いますが、色んな片付け名人が言われていますね。「人のモノは捨てない」「まずは自分のモノから」私も文句ばかり言って無駄に揉めたくはないのでまだ言いません。機嫌が悪い時に言っちゃいそうな気もしますが今は言いません。

とにかく私には数センチ引きずるくらいしか出来ない重さだったので、外の倉庫に運ぶことも出来ず、部屋の中で移動させることも出来ず、上のアクセサリーケース入りの箱と共に元に戻しました。

 

元々衣裳部屋は兼物置という位置づけだったので、服以外のモノも収納されてますね。お客さんが入らない部屋なのでこのまま兼物置でも良いのかも知れませんが、そう言えば他の部屋の押入れが上手く使えていません。

家中の処分作業が一段落したとき(衣裳部屋の片付けを再開してみて、家中何巡もしないと一段落にならない気がしてきました)、衣裳部屋より他の部屋の押入れの方に余裕があったら、旦那スペースを作って移して貰おうかと思います。もしくは外の倉庫に。その時面倒臭かったら処分を考えてくれるかも知れません。

 

箱の中身は確認できたものの見た目は全く変わらず。でも、未練があったピアスと決別できたので有意義だったと言うことで次に。

 

この辺の、 

f:id:yuruteke:20150804234759j:plain

奥の方に埋もれているコード類の入った箱を空にすることにしました。

  

モノの写真撮り忘れましたが、一つは処分。残りは旧パソコンのコードだったので仲間の元に戻すことに。パソコンも押入れに入れっぱなしで無駄なので、動けば子供用にしてみようかと思います。ネットには繋がないけどお絵かきぐらいは出来るので喜ぶかもしれません。動かなければ惜しまず処分できますし。

 

今回の片付けでは小さいダンボール一つ分の地味な変化しかありませんでしたが、これまでの作業でハンガーラックと壁の間に溜まっていたダンボールを出し忘れず、面倒くさがらず、全て回収に出したところ劇的にスッキリしました。(今回ダンボールを回収場所に運んだのは旦那ですが、運んでもらうためには前日のうちに用意しておくことが必要

ビフォー

f:id:yuruteke:20150807230842j:plain

アフター

f:id:yuruteke:20150807230912j:plain

壁際に私も通れる幅の道が出現。奥にまた3段ケースが見えますね。

ゴミ出しだけでこんなにスッキリするなんて。まあ、片付けでやってることはほぼゴミ出し(要らないモノ探し)ですが、ダンボール箱という明らかなゴミがなくなるだけでこんなに部屋が広くなる、と実感できたので収穫でした部屋を狭くしない為にはこつこつゴミ出しですね。

 

ついでに最近処分したモノ

オープントゥサンダル

ストラップもなく手を使わず履けるのでついつい履いてしまってましたが、子1に「このクツはくからおやゆびいたくなるんじゃない?」と言われて納得。親指がくの字に曲がり人差し指に乗ってる。薄々気づいていたけど処分しました。絶賛外反母趾悪化中。

・壊れたヒールサンダル

他のサンダルより歩きやすくて気に入っていたので壊れても「直して使おう」と1か月程保管してましたが、外反母趾には良くなさそうな高さのヒールだったので処分しました。そのくらい最近親指痛い。痛さで足に良くなさそうな靴が判断しやすいので一気に靴の処分が進みそうです。残せる靴があるかが心配ですが。病院行ったら治るのかしら。

・のびた子供のパンツ

以前ウエスにでもしようと引き出しに入れていたモノを発見。パンツと言えど、以前は身に付けていた可愛い柄の布で汚れを拭くなど私には出来ない様です。中身が見えない袋に入れてゴミに(他人からの目を気にしてではなく、私が袋の中身を見てストレスを受けないためにです)

・プリーツキュロット

若過ぎ。

・マイクロミニスカート2

タイツ履いても二度と着られない丈。

・テレビのチューナー

いつ誰が使ってたのかも良く分からない。

 

旦那のシーズンオフ用だと思っていた衣装ケースの奥から私の服発見。把握できたと思った自分の服もまだ隠れてました。まだまだ家の中には前回の処分作業で見過ごした処分していいモノがありそうです。

 

片付けを再開してみて、服やその他のモノの処分を決めるのに以前ほど時間が掛からない気がします。捨てちゃって大丈夫かな、後悔しないかな、勿体ないかなという気持ち(不安感でしょうか)も少しはマシになり、部屋が綺麗になるんだから勿体なくても良いじゃないか、と考えられるようになってきたようです。 

他のことに夢中で片付けを休んでいた時期に「片付けるのが面倒なモノは捨ててしまっても良い」気分になったことが幸いしたのかも知れません。やりたいことが色々あるので、片付けにはなるべく時間を取られたくないですよね。片付け記事ばかり書いてますが、汚部屋住人が片付けるのは必要があるからで、やりたいことはどう考えても片付けじゃありませんよね。片付け苦手だから汚部屋だった訳ですし。

とは言え、「勿体ないけど処分」はできるようになってきても、「勿体ないけどゴミ袋」はまだ出来ないのでこれからもリサイクルショップ通いが続きそうです。

 

今回、私がやりたいことは「片づけ」じゃないと自覚できたので「片付けに時間を取られず綺麗を維持できる家」を目指して頑張ります

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 

 最近読んだ本

「めんどうくさがりやのあなたが気持ち良く暮らすゆる家事のコツ」大沢早苗著

スタイリストの大沢早苗さんがゆる家事を紹介。ナチュラルですっきりしたご自宅の写真が豊富でした。気持ち良く暮らしたいなあ。

 

「k.m.p.の、ちいさなお片づけ」なかがわみどり ムラマツエリコ

お二人は本、イラストや雑貨なんかつくられてるクリエイティブユニットかな。この本もイラスト、写真、手書き文字満載の楽しい本です。仕事場でもあるお二人の住まいがイラスト・写真と共に細かく紹介されてます。仕事場を兼ねているだけあってモノは多そうですが、分けてラベリングしてって感じで楽しそうです。好きなことを仕事にされてるみたいで、自ずと好きなモノに囲まれてる感のある机周りとか凄く良いです。ペンがいっぱい並んでて、パンダがいて。

 

「カフェみたいな暮らしを楽しむ本、収納編」

カフェみたいなお洒落家が紹介されてます。自宅が好みのカフェみたいに落ち着く空間だったら毎日が嬉しいだろうなと憧れます。だけどうちはお客さんも来ないしカフェじゃないので、「まさにカフェ」を目指すインテリアまでは必要ないわと気付かされた本。素敵なカフェのインテリアも載ってます。好みのインテリアの部屋を見ても片付けにやる気でますが、実際のカフェを参考にするのは良いですね。落ち着けるように物凄く考えられているはずですから。

 

「狭くても、あきらめなくていい収納のルール」

家族が増え、モノも増えていくと、「家が狭いからモノがはみ出してても仕方ない」と諦めてしまう時があると思います。諦めると汚部屋化一直線なので、諦めなくて良いと助かりますよね。様々な間取り、家族構成で、広くなくても快適に暮らしている人たちの住まいが紹介されてます。