読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

2月~7月片付け状況まとめ(寝室・子供部屋)

片付け

 

夏休み前までに時々撮っていた片付け画像をまとめてアップ。前回の記事リビングダイニングに続き、今回は寝室と子供部屋です。

(作業写真は、左ビフォー、右アフター)

 

寝室

フライレディの朝のルーティンにベッドメイクが加わったため、布団を整えることを始めました。

f:id:yuruteke:20160830120806j:plainf:id:yuruteke:20160830120807j:plain

 

f:id:yuruteke:20160830120808j:plainf:id:yuruteke:20160830120805j:plain

 

f:id:yuruteke:20160830121450j:plain

起きたままと、適当ですがざっと整えた状態、こうして写真で見ると汚部屋度の差は歴然としてますね。布団が少なくなっていく時期だったので、面倒臭さもたいして感じることなく、ベッドメイクの習慣づけに丁度良い季節でした。現在はタオルケット1枚と、大判バスタオル2枚のみ使用のため整えるのも数秒ですみます。こんなに簡単で綺麗に見えるならやって損なし。

習慣付いて来ると、タオル類をベランダの物干しにポイと引っ掛けて、マットレスの上にある敷布団を畳んで、これまでには信じられない程頻繁に風を通すことも出来ました。汗をかく時期なので気持ち良かったです。(天日に干していたのですが、夏休みの途中で布団ピンチが全滅してしまいました。近くの100均にカラフルな物しか見つからないので、白に出会うまで買い控えてます)

やっぱりカバーやシーツ類を一色にしてしまえば乱れていてもそう汚く見えないのでは。さらにスッキリ見えるのではと思うので、今後買い換える際は忘れないこと

子供達が子供部屋から大量のおもちゃとともに出張してくると、荒れます。

 

子供服の整理

子供服は、オンシーズンのモノが白いタンスの中。オフシーズンのモノ+まだ大きいお下がり+タンスに入りきらない子1のボトムスの一部、が寝室の押入れの中にあります。コート類も合わせて2人分でこの量。

衣替えが中途半端でタンスの上に溢れてきていたので、押入れの中の子供服も出して、処分するモノを抜きました。

左ビフォー、右アフター

f:id:yuruteke:20160830122123j:plainf:id:yuruteke:20160830122126j:plain

今後なるべく買わずに減らして行って、サイズが大きくなって服の嵩が増えても、タンスと衣装ケース二つにおさまる量でやっていけたらなと思います。子1の引き出しがぎゅうぎゅうなので、はみ出したボトムスもおさめつつ余裕のある量が目標

処分した服。

 

 

 子供部屋

常に安定の散らかりです。

f:id:yuruteke:20160830143737j:plainf:id:yuruteke:20160830143757j:plain

 

f:id:yuruteke:20160830133600j:plainf:id:yuruteke:20160830143941j:plain

普段はこのレベルではありません。おもちゃ、工作中ダンボール等が床を埋め尽くしています。洗濯機からベランダへの導線はこの部屋を突っ切るのが一番近いのですが、この中を歩くと外反母趾が痛みます。

引越し後、忘れ去られることを期待して汚衣裳部屋に保管していたおもちゃも、着々と思い出されてここへ運ばれて来ています。

収納家具は増やしたくないけど、どう片付けて良いのか分かりません。当然子供達も分かりません。カオスです。私と子供達の今後の成長に期待。

 

まとめと、今後

ベッドメイクは習慣化して損なしですね。色を考慮して、ベッドパット一体型ボックスシーツを買うと良いと思ってましたが、そういえばマットレスを処分して布団or寝袋生活も良いなと思っていたのを思い出したので、買い物はちょっと待つこと

 

 子供服に関しては、うちの子達(特に子2)は、その年お気に入りのほんの数枚を繰り返し着るので、沢山持つ必要ないですね。ほぼ毎日洗濯するので、4番手以降はほとんど出番なし。

子1は、大好きだったひらひらスカートを夏には全く履かなくなったし(オーバーパンツ+スカートより、ショートパンツが涼しいから)、子2は去年毎日着ていたノースリーブを今年は一度も着てくれませんでした。こだわりは本人にしか分からないので、今後はサイズアウトしたり破れたりでいよいよ着るモノが足りなくなってから、必要かつ子供の好きなモノだけを買い足すことにします

 

子供部屋はどうすればいいのか良く分かりませんが。宿題や明日の準備を面倒臭がられて戦いになると殺伐とするので、面倒臭さを極力減らすために、玄関とリビング⇔学用品置き場の間はスイスイ歩けるようにしておきたいですね。(子供達はおもちゃが散らかっていても「歩きにくくない」と言い張りますが)

おもちゃの分類と置き場が分かりにくいから元に戻せないということもあると思うけど、色々混ぜて遊ぶので、分けて片付けさせようとすると酷く嫌がられます。明日も続きをするとか言って。もしかすると、分類は大雑把にしてデカいカゴにでも入れさせる方が面倒がらないんですかね。どうしたものかな。

おもちゃの種類ごとの分類より、「なんとか遊び」みたいな括りにしてみようかな。いやでも、複数の遊びにまたがって使われるモノもあるし。学用品置き場と遊びのスペースをどうにか区切る方が良いでしょうか。うーん。引き続き試行錯誤してみます。

 

 次回は、キッチンと玄関の片付けまとめです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

今読んでる本。 

脳のタイプごとに片付け方にも向き不向きがるんですって。ありそうですよね。私はインプットが右、アウトプットが左の右左脳で右脳タイプ。完璧主義に陥りやすく、少しでも上手くいかないとやる気がなくなるなどそのまんまで面白かったです(他のタイプにもまんべんなく当てはまるところがありましたが)。旦那は左左脳の左脳、子1は右左脳、子2は左右脳。家族バラバラなので、共有部分の収納方法は皆が出来る方法で、皆が少しづつ我慢して頑張る必要がありそうですね。

 

 古堅純子さんの本初めて読んでます。まだ途中ですが、納得できるのでしっかり読みたい本。これまでお片付けされてきたお宅のエピソードもちょいちょい出てくるのですが、片付けられない人に対しての意見がちょっと厳しめなので、片付けられないことに落ち込んで辛くなっている人には少々きつい本かもしれません。打たれ弱い人は、元気な時に読むと良いかも。私はタイミングが良かったみたいで、すごくためになってます。

  

読んだに違いないけど内容を思い出せません。もう一度読みたい。

 

こちらは未読。 

やっぱり万人に通じる片付け方法はないと思うので、色々読んで試して、自分と子供に合うやり方を見つけたいですね。

 

広告を非表示にする