楽しくなるために色々やってみるブログ

断捨離、片付け、似合うモノ探し、アンチエイジング、引き寄せ、その他色々。日々楽しく笑って暮らすための方法を探して実践してみます。

写真を見ることで気付いた自分に対する長年の思い込みと、自分の特徴修正

 

 先日、似合うモノ似合わないモノを知る助けになるかも知れないと思い、家族と自分の姿形の特徴や似合うと思うモノ似合わないと思うモノをリストアップしました。

考えが変わればその都度書き加えていこうと思っていたのですが、処分予定のモノを含め、手持ちの服を全て着てみて写真を撮るという作業をしていたら、自分に対する長年の印象が大幅に変わってしまいました。思い込みって怖いですね。

 

鏡に映した全身写真を何度も見返していて一番強く感じたのは、可愛らしいデザインの服はおじさんじみてきた顔との違和感が酷過ぎて見ていられない、ということでした。同じ理由で、久々に頑張り始めたフルメイクにも違和感が強かった(男らしい骨格と可愛らしいメイクの違和感が強かった)のかなと思いました。

小柄でたれ目でだんごっぱなで、てっきり自分の外見は可愛いらしい感じだと信じて生きて来てしまったので(中身は全く違います)結構な衝撃でしたが、そう言えば最近10くらい年上の従兄に自分が似てきたなと感じていたり、若い頃まれに可愛いと言われた事はあっても、それ以上に「第一印象怖かった」「元ヤン(ヤンキー)だと思ってた」等と言われていたことを思い出したりしました。(全く元ヤンではないです)

人に言われた嬉しいこと(可愛い)だけ憶えていて、思い込みで自分の印象を作り上げていたみたいです。若い頃はポジティブだったんですよね。それを今まで引きずってたみたいです、恥ずかしい。

 

若い頃は今より頬の肉付きも良く、若いと言うだけでがっつりガーリーメイクも然程違和感なかったに違いありません。しかしすっぴんがおじさんになってしまった今、違和感なくガーリーなメイクをなじませるには相当なメイクの腕がいりそうです。

これからは、もっとシャープに、カッコいい感じのメイクやファッションに切り替えていった方が良さそうです。プラス、衣裳部屋の片付け作業で大好きだと思い出したドレッシーなトップスや、アクセサリー、ヒールなどで顔との違和感のない女っぽさを出していきたいなと思いました。

 

こうやって考えてみるとメイクはともかく、出産前の自分が好きだったファッションに帰りつつある気もします。小さい子供達の世話に適したカジュアルな洋服が増え、それが自分の好みと合っていなかったことも着たいモノ似合うモノが分からなくなった一因かもしれません。「子供に汚される、ダメにされるとイライラして怒ってしまいそうになる服を買うのは止めよう」と思って、安価で適当な服を買い始めたことを今思い出しました。そうか、子供に怒りたくない気持ちを優先して好きな服を買わなくなったんだ。じゃあ仕方ない。子供の為だったのならそれで正解だったんだなと、思えて良かったです。これから徐々に好きなスタイルに戻れば良いんですね。

 

自分の印象をまとめたことで、これからの自分のスタイルの方向性が見えてきた気がします。私は元々、繊細でドレッシーな服にデニムなどを合わせてカジュアルダウンしたファッションが好きだった。それを思い出したら、今衣裳部屋にある服は大部分が大して好みでないモノだと思えました。洋服の処分品を選ぶ目安がまた増えたので、今停滞している処分作業が進みそうです。

現在、好みど真ん中の服を殆ど持っていない気もしてきたので、今後洋服を見に行く時には、機能性ばかりを重視してデザインや素材に妥協していないか良く考えてから購入を決めたいです。生活スタイルに合っていて、尚且つ好みど真ん中のモノ。これを満たしていたら、特に似合っていなくても楽しく着られるのではないかとも思えてきました。そんな服に出会えるまでは、買いません。買いません。買いません。

 

 

以下、印象が変わった部分も含め自分の特徴を改めて記録しておこうと思います。自分の為の覚書なので読み飛ばしてくださいね(そう言えば、このブログ全てが自分の為の覚書ですね。いつも読んでいただいてありがとうございます。何かのお役に立てていると嬉しいです) 

 

今回書き足す部分は紫字(赤字は前回足した部分)

今回は自分のことだけです。

  【身体的特徴】

   、顔が小さい(ハチは大きい)

   おでこが広い、四角く男性的な形

   顎を上げぎみで、顔が四角に見える

   背が低い、やせ気味(思っていた以上に下半身が肉肉しい)

   胸板が薄い(ブラジャーをつけると特に薄くも見えない)

   お尻、太腿は厚め

   太腿、足、お尻が上半身に比べ太い

   お尻が垂れている

   足首の骨が太い

   身長に対して足のサイズが大きい

   手足が短い

   首が長い太い

   目、口が大きい

   団子鼻、たれ目

   たれ目のせいでタヌキ顔=女っぽい顔だと思っていたけど、肉がなくなって骨格が顕になった今は女じゃなくておじさん顔 

     

  【肌の色】

   黄色いけど緑がかっている(青みがかっている)

   まぶたが赤い

   唇はグレイッシュな薄紫

   瞳は明るい赤茶

  【似合う色、似合わない色】

   黒が似合わないと長年思っていたけど、どうやら形によるらしい

   モノトーンでも地味になる顔じゃないみたい

   髪のぼさぼさ感でダサく地味になるみたい

   くすんだラベンダー色はよく似合う気がする

   オレンジベージュの口紅が異様に顔から浮く

   濃いオレンジみの赤は唇おばけみたいになる

   ど派手な濃い赤紫ピンクが肌になじむ気がする

   若い頃愛用していた口紅は唇の色と似た彩度の低い紫っぽいベージュ

   眉ペンは無印のオリーブベージュが一番肌に馴染む、けど地眉は浮く

   オレンジのチークが肌から浮く、ピンクのチークは馴染む

  【似合うデザイン、似合わないデザイン】

   スーツが似合わない(旦那も言)

   直線的な襟のシャツ、ジャケットが似合わない

   ポロシャツは似合う(旦那いわく)

   ノーカラーは大丈夫(茶色のノーカラーで凄く変でした)

   スタンドカラーは大丈夫

   カジュアルなチェックシャツが似合わない

   デニムシャツだと少しまし

   ふわふわ明るめウェーブヘアでださくなる

   ふわふわ黒ウェーブヘアで地味にださくなる

   髪は下ろすよりまとめた方が似合う

   ほつれ毛は疲れて老けて見える

   ショートヘアは似合うと言われる(直毛だと変な気がする)

   スカートが足だけ小学生みたいになる(マキシ、ミニ丈以外)

    スニーカーが似合わない

   繊細なレースや、シャープなフリルは似合う(バテレンレースなどナチュラルなものはださくなる)

   ギャザーのあるトップスが異様に似合わない

   トップスは固い生地より薄く柔らかな生地が似合う

   綿や麻などナチュラルな感じのモノは寝間着みたいになる

   ボトムスはからだにフィットしない張りのある素材か、柔らかくてもテロテロした光沢がある様な生地が似合う

   スキニーは薄手の生地だとムチムチいやらしくなる

   細身のパンツより余裕のあるモノの方がスタイル良く見える

   ショートパンツ、タイトめのミニスカートは似合う

   フレアミニスカートは足は綺麗に見えるけど、顔との違和感がある

   ハイウエストの切り替えがあまり似合わない

   デニムパンツが似合う

   Tシャツ、チェック綿シャツ、パーカーなど綿素材のカジュアルなモノですごくダサくなる

大分自分のことが分かってきたかな。   

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 

 

 気になる商品

 パーソナルカラーのシーズンごとに似合うリップカラーを集めてあるパレットがありました。こういうのがあるんですね。3色ずつ入っていますが、混ぜても使えるそうです。絶対に顔から浮くと分かっているスプリング以外の3シーズン分買って試してみたい。

他にも、化粧品のカテゴリーにブルーベース、イエローベース それぞれに似合うチークとアイカラーパレットもありました。一応ショップリンクです。カラーショップ Beltaチークは記載がないけどラメが入っている様なので苦手な方は注意です。